スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉探しの鞍馬山


紅葉を観に、京都へ行きたい行きたい……
と、毎日念じておりましたが、昨日ようやく上京(笑)

出町柳駅から叡山電鉄で鞍馬へ

鞍馬は、二回目でしょうか。
前回は、夏に『鞍馬温泉』へ行ったのですが。
その時とはうってかわって、空気の冷たい秋の鞍馬です。

紅葉は、大分散っていましたね。
道に、絨毯のように降り積もっている紅葉にも風情はありましたが。

仁王門から始まるや、源義経縁の史跡をたどる鞍馬山散策。
散策とばかりおもっていられない、それなりに傾斜の効いた山道ですが。
木々の中を歩くのは好きなので、つい黙々と。むしろ勢いよく登りきってしまいました。
最後には汗をかくほどでしたね。

鞍馬の火祭りで有名な由岐神社をはじめ、九十九折。金堂。霊宝殿。牛若丸息つぎの水。義経公背比べ石。奥の院魔王殿。

ほとんど一息つく間も無く。
紅葉を追い、木の根を追い。木肌を見上げているうちに、あっという間に過ぎました。

印象的だったのは、寺社のそこかしこに、自然を大切にする教えと
ゴミをすてること、そしてむやみに植物や石などを持ち帰ることを戒める文章が置かれていたこと。

出かけた先で、ついつい記念の品でも持ち帰りたくなるところ。
葉の一枚、小石の一つでも……という感覚は、当たり前のものと思っていましたが。
無益に自然界の物を持ち帰ることも、自然を壊すことに繋がるのだ、と教えられました。

思い出は心の中に持ち帰る、ということで。
自然を大切にしたい気持ちも、一緒に持ち帰った気がします。

ネイチャーヒーリングという言葉がありますが、私には色々な癒しの中でも、これが一番合っている気がします。
街くらしは好きですが、たまにこうして自然に包まれる時間は作っていきたいと思っています。
スポンサーサイト

番外「映画のおすそわけ」

映画「家門の危機」


韓国映画、スクリーンで観たの初めてです
職場のかたから、映画チケットをいただきまして
急遽みてきました。

あるていどクリーンな、地方出身暴力団の長男と
暴力団担当検事が恋に落ちて……
笑いあり、涙ありのラブコメディ
という、とってもわかりやすいストーリーでした。

家督の重要さや上下の厳しさ(どれだけ意見が対立しても、兄は弟を殴ってもその逆はなかったんです)
日本と大分共通してるスケバンイメージ

私には、そんな韓国文化が面白かったですね。

特に、ホン・ドクチャ。兄弟のオモニの「ゴッドマザー」ぶりが良かったです。
検事であることを明かした嫁の前で、同業者達を急いで帰してやりながら
嫁姑で対立することなく、急速に仲良くなるところも
韓国の価値観なのかと思えました。

家門が大事、といいながら
息子たちを愛してるんだなぁ~っと伝わってきます。

私は、三男チャン・ギョンジェ役のイム・ヒョンジョンが好みかもしれません。
って、こうして皆韓国映画見ていくのですかね。

なんとなく、ほっこりさせていただきました。
単純明快っていいね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。