スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「天使の卵」

京都にだけ射す特別な光があるのだろうか

京都にこだわるクリエイター達の作品に触れると、そう思う時があります。

映画「天使の卵」

もちろん、原作者がまず京都を舞台にしていたための映画ロケなのでしょうが。
私自身にこだわりが強いせいか、京都を舞台にした作品を観る時は
何か、そこにしかないもの、を探してしまいます。

正確に何か、なぜかを議論することはここではしません。
私が感じたこととして、それは射す光なのではないかと思ったのです。

体当たりで強い愛情を示す主人公には
危うさを感じさせられました。

でも、清らか過ぎて儚いヒロインに
不安になる美しさを感じました。

小西真奈美 沢尻えりか

これ以上ない美貌と演技力に恵まれた二人の女優が演じる姉妹によって
京都に射す光は反射し
美しさとせつなさを、作品に満たしたように思えました。

幾百、幾千という人たちの愛や悲しみを
見てきただろう京都という場所の、ある意味冷たさと

京女にかなわない男の子を、観る映画かとおもったりします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。