スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代祭り経験


 10月22日は時代祭りですね。
 http://www.heianjingu.or.jp/03/0101.html


 京都三大祭りのうちの一つですが、実は一度しか観たことがありません。

 それは去年。
 京阪電車で上京(私は京都に行くことをいつもこう言います)して
 三条京阪駅で下車
 そこから人ごみを掻き分け
 (ほんと、祭りの日の京都は尋常でない人出です)
 木屋町通りと三条通が交差するあたりにポジショニングしました。

 毎年のことでは無いかもしれませんが、この位置では
 すぐちかくにFM局の特設ブースがあり、目の前を通り過ぎる装束の開設を聞きながら祭りが楽しめました。

 道幅も狭いので、目の前を行列が通り過ぎていきます。
 
 私が思う見所は、静御前や巴御前に扮した、芸妓さんや舞妓さんでしょうか?
 ただ歩いてるだけなのに、お綺麗ですよ!さすが

 他の祭りもそうなのですが、京都のお祭り行列はとてもゆっくり。
 やはり、都人はあくせくしないのでしょうか?
 じ~っとお祭りを観ていると、後半はお客さんも飽きてきて、人出が大分へりますww

 ただし、お祭りの前後にお茶をしようとしても、周囲のお店は当たり前のように満席ですので
 ちょっと離れた場所での一服を計画に入れておくほうがよいかもしれません。

 秋の京都は、それでなくても行楽シーズンのため人は多めですが
 やはり、一度はミーハー心で行ってみたいお祭りですよね。

 今年は残念ながら諦めますが。またいつか、別のスポットでも観たいものです。
スポンサーサイト

紅葉狩りの帰りに

季候も大分涼しくなり、行楽シーズンがやってきますね。
もうじき、雑誌が紅葉狩り特集をくみ出すのでしょうが、紅葉で有名な場所として思い出されるのが嵐山です

昔、老人ホームでアルバイトしていた時レクリエーションで行きました。
その時は桜の季節だったと思いますが、おじいさんの一人が
「嵐山は桜じゃなくて紅葉がいい。桜の季節は、山がみどりの木と桜の色でまだらだけど、紅葉は山一面が色を変えるから…」
と、言われていたのが印象に残っています。

何度か、嵐山も行きましたが。見所として好きなのはやはり渡月橋でしょうか。
いつ行っても、すごい風ですけど(笑)

でも、私のお気に入りは嵐山から少し歩いた所にある

車折神社

芸能上達の神様が一緒に祭られているのです。
こじんまりとした神社で、いつも一組か二組の参拝者しかいませんが、その雰囲気がまた落ち着いてよかったり。
参拝されたミュージシャンの名前を眺めて、ミーハーに楽しんだり。

ここの願掛けは、石にします。
お守りにも小石が入っていて、願い事が成就した時はそのお守りの石と新たに小石を沿えてお返しします。

私が持ってるお守りの石は、もう6年以上うちにありますが(笑)

時間に余裕がある紅葉が入りを楽しまれた方は、よかったら足を伸ばしてみてください。
http://www.digimake.co.jp/webtown/ukyou/kurumazaki/kurumazaki.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。